瀬田川カフェ - 流域住民と琵琶湖・淀川をつなぐ学生グループ

検索結果:該当する記事は見つかりませんでした。

瀬田川カフェってなに?

これからの琵琶湖・淀川流域のために、行政と住民が共に考え、交流をしていくことが望まれています。 その中でも、将来を担う若者が琵琶湖・淀川水系に関心を持ち、多世代の住民や行政との交流・参画をしていくことが大切です。 瀬田川カフェは、ウォーターステーション琵琶を活動拠点として、「流域住民と琵琶湖・淀川水系をつなぐ」ことを目的に活動している、滋賀の学生中心のグループです。

プロジェクト制で活動しています。

活動といっても、関心はメンバーそれぞれ。瀬田川カフェは各プロジェクトに分かれて活動しているので、関心のあるテーマを選んで参加できます。

各プロジェクトの主な活動内容

教育プロジェクト

琵琶湖・川の素材を使った工作や体験教室を考えて、ウォーターステーション琵琶に来館した親子を対象としたイベントをします。くわしくはこちら

環境プロジェクト

琵琶湖・川の清掃をしたり、地域のみなさんが環境に対する意識をもてるような展示やイベントをします。くわしくはこちら

文化プロジェクト

琵琶湖川と共に生活している地域を探検して、知ったことをまとめて展示したり、地域の資源を使ったイベントをします。くわしくはこちら

自然プロジェクト

琵琶湖・川に出かけて遊んだり、ウォーターステーション琵琶で琵琶湖・川の生き物を飼育したり、生き物に触れるイベントをします。くわしくはこちら

活動サポート

ウォーターステーション琵琶の多分野・多世代ネットワークを活用した、琵琶湖・淀川周辺で活動する学生団体への活動支援を行なっています。 くわしくはこちら

瀬田川カフェ / ウォーターステーション琵琶 Powered by WordPress ME